開催趣旨

 この度、卒後研修の一環として実施されている病院における薬剤師レジデントプログラムについて良く知り、その成果を共有することを目的として、薬剤師レジデントプログラムを先行実施している兵庫県内施設(神戸大病院薬剤部・神戸薬科大学、兵庫医大病院薬剤部、神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部)が共同して、「薬剤師レジデント交流会」を企画いたしました。現役薬剤師レジデントや指導者どうしの情報交換の場を提供するとともに、新たに薬剤師レジデント制度を計画されている施設や、将来のキャリアパスとして薬剤師レジデントを志望する薬学生や大学の進路指導担当者にとっても有用な情報を提供したいと考えています。
 後進を育成するシステムは、その分野、職種の発展を支える大きな柱であり、継続的に人を育てることに成功した組織のみが、将来に向けた可能性を広げていける、といっても過言でないでしょう。この交流会が、6年制薬学教育下における卒後薬剤師研修についての議論を促す一助となることを願っております。
 どうぞ、奮ってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

神戸市立医療センター中央市民病院
院長補佐・薬剤部長 橋田 亨